1. TOP
  2. コラム
  3. FC2コンテンツマーケット販売者の過去の逮捕事例からリスクを最大限回避する5つの方法

FC2コンテンツマーケット販売者の過去の逮捕事例からリスクを最大限回避する5つの方法

個撮アダルト動画市場において

FC2コンテンツマーケットが最も大きな

市場シェアを誇っているといっても過言ではないでしょう。

扱っているコンテンツがコンテンツなだけに

映像コンテンツの中身を巡って

様々な事件が起きています。

そして

過去に多くの逮捕者が出ています。

そのほとんどがFC2コンテンツマーケットの販売者です。
購入者では無く販売者であるという意味

個撮アダルト動画販売業のコンサルを

主に行っている私(沖田)自身も

販売者としての活動をしておりますが

やはり

FC2コンテンツマーケットやFC2絡みの

逮捕者のニュースには耳が傾いてしまいます。

おそらく

私以外にも販売者の多くが

同じような不安や疑問なども

抱かれているのではないでしょうか?

たとえば

  • 販売代行扱いだから映像送信型性風俗特殊営業の届け出は要らないと思っている。
  • FC2本体は海外にあるサーバー会社であるから無修正で良いと思っている。
  • 拾った動画を格安でリリースしまくっている。
  • いつ捜査令状もった人たちが来るか不安の中で同人AV監督兼制作をしている。

何が正しくて何が間違いなのか…。

どこまでがセーフでどこからがアウトなのか…。

気になるところではないでしょうか。

それらの疑問や不安を

スッキリ解消して貰うために

当記事では

FC2コンテンツマーケット販売者の

過去の逮捕事例から考察しながら

販売者の立ち位置で

逮捕のリスクを最大限回避する

5つの方法について解説していきます。

これから販売者になる方も

今現在、販売者として活動されている方も

ご自身の身を守る意味でも

一度、見直すきっかけとして参考にしてみて下さい。

FC2コンテンツマーケット販売者の逮捕事例

前述した通り

FC2ではコンテンツマーケットに限らず

FC2ライブチャットなどでも

公然わいせつなどで逮捕者が出ています。

ここでは主に

FC2コンテンツマーケットに焦点を当てて

過去の逮捕事例と

事例から視る見解を私なりに考察を紹介していきます。

考察に関しましては

あくまで個人的な観点ですので

参考程度に把握しておいて頂けたらと思います。

わいせつ電磁的記録等送信頒布(ケース1)

まず「わいせつ電磁的記録」に関してですが

現時点において日本国内で言われる

「わいせつ物」などのわいせつが付くものは

いわゆる

無修正で性器が出ている状態の

性的な動画及び性的な画像(写真含む)

と解釈するのが妥当かと思われます。

医学資料などは例外です。

イラストや画家作品においても

稀な例で

同人誌を書くイラストレーターや

芸術家や画家が書類送検された例もあります。

隠さなきゃいけない所は隠しましょう

といったルールですね。

FC2コンテンツマーケットの逮捕事例としては

以下のような事例があります。

参考資料:「顔はわからない」「拡散しない」…性的な動画撮影の罠」朝日新聞DIGITAL
https://www.asahi.com/articles/ASN263K7RN26UTIL008.html

上記のニュース記事の事例でいえば

「わいせつ電磁的記録」というのは

FC2コンテンツマーケットにリリースした

無修正動画にあたると考えるのが妥当でしょう。

しかし

現時点でFC2コンテンツマーケットの

販売者の作品の大半が無修正作品を占めています。

そこで

無修正動画のリリースでパクられるんの?

なんて不安を抱く方も多々、居るかと思います。

今回の事例に関して個人的に考察していきたいと思います。

事例からみる考察

「無修正」は原則アウトではありますが

FC2コンテンツマーケットや

その他TwitterなどのSNSで拡がっている

膨大な無修正動画を1つ1つチェックし

1人1人摘発していては

おそらく

取り締まる側の作業量過多により

他の業務にも支障が出るでしょう。

仮に出来たとしたら

今度は、摘発者が過多する状況が起き

収容施設が溢れるどころか

施設の手配すら危うくなるでしょう。

記事をご覧頂ければ分かる通り

今回の事例では

パパ活アプリなどを利用し

200人以上もの女性に対して

「顔は隠す」「拡散はしない」

などの口約束をした上で撮影におよび

実際には

顔はおろか局部もろ出しの無修正で

流出タイトルも多々ある

ずさんな状態であったのではないかと思われます。

中には撮影費用すら

支払われなかった女性も居るようで

そのような女性の被害届から

捜査に手が回ったのでは無いかと考えられます。

当然ながら

撮影女性との間の契約書なども無かったでしょう。

つまり

決め手となっているのはそこであって

報道で取り出されている

「わいせつ電磁的記録等送信頒布」は

あくまで

お縄を掛けるための理由では無いかといった見解になります。

わいせつ電磁的記録等送信頒布(ケース2)

こちらのケースは

FC2コンテンツマーケットにおいて

わいせつ電磁的記録等送信頒布の容疑としては

珍しいケースだったため追記致しました。

そのため

時系列的にはケース1の事例よりも新しいです。

おそらく、これから当記事で紹介する

事例の中で最も記憶に新しいかもしれません。

こちら↓になります。

ニュース記事だとこの辺り↓が分かりやすいですね。

参考資料:妻の相手はSNSで募集 わいせつ動画公開か夫婦逮捕
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000208128.html

夫婦揃ってわいせつ電磁的記録等送信頒布で

同時に逮捕というのは

FC2コンテンツマーケットだけでなく

FC2史上初といっても過言では無い事例かと思われます。

事例からみる考察

コンテンツマーケットでは

「tkzxcvbil」という販売者名で

「ヤリマン妻みえ」のタイトルシリーズで

比較的、上位陣に入っていた

寝取られ系の無修正動画であったため

FC2コンテンツマーケットユーザーは

すぐに気付いた方も多かったでしょう。

逮捕時のニュースで本名含め全てが

公開されてしまったため

個人的にびっくりしたのが

ガチの夫婦の寝取られ動画で

尚且つ

撮られる側の奥さんの本名が「加藤美恵」って…。

「そのままじゃん!」って思いましたが

本名の読み方のほうが「よしえ」らしいです(笑)

上記で紹介したYouTubeのニュース動画への

コメントでも

誰にも迷惑はかけてないじゃん!

もっと他に無修正であげてる奴ら取り締まれよ!

なんて声も目にしました。

分からなくもありませんが(笑)

私、個人的にこちらのケースを

考察していきますと

コンテンツマーケットで無修正動画をあげていた

という事以外にも理由はあります。

たとえば

奥さんである加藤美恵容疑者と

旦那さんである加藤高教容疑者

共に逮捕前の段階で

Twitterのフォロワー数の合計は

6万人以上はあったかと思います。

とくに加藤高教容疑者が

所有していたであろう

メイン垢「@tkzxcvbil」だけでも5万近いフォロワー数を誇っていました。

そこを基地に

奥さんの寝取られ無修正動画の

アップロード及び

プロモーションとなると影響力は相応に大きいです。

男優もそのSNSの垢を基地に募集していたとみるのが濃厚です。

さらに

「夫婦セットでわいせつ罪で逮捕」というのは

世に出るネットニュース記事としては

バズる確率も高く

いわゆる「見せしめ」には適材ともいえます。

案の定、逮捕当日はTwitterのバズや

YouTubeのバズから派生して

FC2コンテンツマーケットの

販売者アカウント「tkzxcvbil」が

アカウント強制削除措置直前まで

売れ続けていました(笑)

皮肉にも逮捕によるバズニュースの影響だけで

ヤリマン妻みえの無修正シリーズが

FC2コンテンツマーケットのリアルタイムランキングで上位を独占していたのです。

もっとも、その光景を

当の加藤夫妻が眺める事は出来ないまま

垢バンされてしまいました。

基本的には第三者に迷惑を掛けていないであろう

このような事例でも

所有するSNSアカウントの規模の大きさと

その活用の仕方

そして

「無修正」という穴があることで

悲しい末路を辿る可能性は否定できない

ということが立証された事例ともいえます。

児童買春・児童ポルノ禁止法違反

日本国内だけでなく世界的にも

かなり厳しく取り締まりされているのが

児童買春・児童ポルノ系になります。

TwitterなどのSNSを利用して

児童買春で引っ張られた

教師のニュースなども

時々、耳に入りますが

以下の事例の場合は

実際に18歳未満の複数の少女との

わいせつ行為をおさめた動画を

FC2コンテンツマーケットで販売していた

という事例になります。

参考資料:脱法サイト向け動画撮影 気づかず被害に遭う女性も 記事詳細|Infoseekニュース
https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_485225/

上記の事件について

詳しく調べてみたところ

撮影されている少女の母親の知人から

あなたの娘に似ている女の子がエロ動画に出演してる

という報告を受け

撮影されている少女の母親が通報した事で

発覚したという事でした。

通報する母親がどのような気持ちだったかと思うと…。

なんとも書きようがありませんね。

事例からみる考察

前述した通り

児童買春・児童ポルノ系に関しては

取り締まりが厳しく行われているため

厳密には動画の所持も罰則にあたいします。

捉え方次第では

成人の無修正動画のほうが

「まだ安全」ともいえます。

そのような背景もあってなのか

FC2コンテンツマーケットで

リリースされているタイトルを見渡してみても

「あきらかに18歳未満だろう…」

というのは頻繁には観なくなりました。

取り締まりの強化により

少しは健全化に繋がっているのかもしれませんが

FC2コンテンツマーケット以外を見渡してみると

ネットの世界ではまだまだ

あきらかな児童ポルノで

しかも無修正の動画を多々、見受けるのも実情です。

リベンジポルノ防止法

「リベンジポルノ防止法」と聞くと

たとえば

元交際相手に対して

過去にハメ撮りした動画や

盗み撮りしたエロよりの動画をネタに

これ拡散するぞ!

バラされたくなかったら復縁して

といった脅し的な行為を

男性が女性に向けてする行為を想像しませんか。
(女性が男性に向けてする例はあまり聞きませんが。)

しかし

今回、以下で紹介する事例は

このような行為とは大分、相違があります。

こちら↓ご覧下さい。

参考資料:女性のわいせつ動画公開疑い、30歳男逮捕 兵庫県警-産経ニュース
https://www.sankei.com/west/news/190711/wst1907110033-n1.html

いかがでしょうか。

この事件に関して個人的に

もう少し詳しく調べてみたところ

逮捕された男は

チェックインするシティホテルの部屋に

絵の額縁の中に巧妙にカメラを仕掛け

行為中の様子を堂々と隠し撮りしていたという事でした。

予め隠しカメラ搭載の額縁を準備する程の

巧妙な仕掛けだったでしょうから

女性には絶対バレなかったでしょうね(笑)。

しかし

FC2コンテンツマーケットでは

200本以上リリースして

8800万程度得ていたというのが

ストップが効かず暴走した末路となったのかもしれません。

事例からみる考察

今回の例は

リベンジポルノ防止法案が制定される

2014年以前であれば

民事的な処罰でしか対処出来なかった

と思われます。

しかし

施行されている

リベンジポルノ防止法の中には

以下のような記載があります。

被写体を特定できる方法で、個人的に撮影した性交を含む裸の写真や電子画像を不特定多数に提供した際、3年以下の懲役か50万円以下の罰金。

「被写体を特定できる方法」

という観点からは

修正やぼかしなどを加えず

200本以上をリリースしていた

という事が決め手の一つ

となっているのでは無いかという事と

8800万程度得ていたという点からは

相応に売れて流出もしていた

のでは無いかと考えられます。

さらに

販売者目線で考察すると

女性から撮影許可は貰っていても

販売許可がない場合において

何かしらトラブルがあった場合は

リベンジポルノ防止法が適応される

可能性があるという解釈もできます。

著作権違反及び名誉毀損

一昔前は裸の女性モデルの顔部分を

アイドルの顔に変える

アイコラなんてものも流行りましたが(笑)

このような中学生のお遊びのような行為も

クオリティが高くなってくると

立派な著作権違反及び名誉毀損にあたいします。

近年ではAI技術の研究もすすみ

AIの学習機能によって

まるで本物のようなフェイク動画も作れるようになりました。

そのような時代ならでともいえるのが

以下の記事で紹介する

ディープフェイク動画職人の逮捕劇です。

こちら↓ご覧下さい。

参考資料:「ディープフェイク職人」逮捕 AVの顔すり替えた容疑:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASNB23PX3NB1UTIL052.html?iref=pc_extlink

FC2コンテンツマーケットで

タイトルがリリースされていた頃に

実際に私もサンプル動画を観ましたが

クオリティーが高過ぎます(笑)

合成して作られた動画には観えない程

動きにおいても違和感一つ無いため

まるで本物そのものでした。

実はこちらの事例に関しては

私、沖田が運営する

個撮アダルト販売事業全般を

コンサルベースでサポートする塾

AMA(アダルトコンテンツマーケティングマスターアカデミー)

の中でも会員さん達と

この動画クオリティ高過ぎで

なんかしら引っ張られる可能性ありそうだよね。

と話をしていた矢先の出来事でした。

事例からみる考察

実はこの事件の後に

ディープフェイク動画を紹介しているだけの

いわゆる広告収益で賄っている

運営サイトの運営者も逮捕されました。

このような例は異例で

ある意味では

女優やアイドルのディープフェイク動画への

取り締まりの厳しさを

知らしめたのだとも伺えます。

さらに

実際に作ろうと思っても

特殊なプログラミングスキルや

熟練の技術や

高スペックなPC環境なども必要なため

根本的ハードルが高いという事もあり

この事件の以後

FC2コンテンツマーケットでは

ディープフェイク動画の販売者が

ほとんど見受けなくなりました。

職業安定法違反

同人AVモデルの募集から

職業安定法違反で

逮捕されたケースになります。

報道ではあまり取り出されていないため

初めて聞く方も居るかと思いますが

実際にあった事例になります。

詳しくは以下、参考資料をご確認下さい。

参考資料:職業安定法で逮捕(1/20更新)|同人AV個人撮影者
https://note.com/movie987/n/nf5bbb4cf146e

マスコミによるニュース記事では

取り出さされていなかったため

上記の本人によるnoteの記事から

個人的に考察していきたいと思います。

事例からみる考察

AV強要などが社会問題化したことで

SNSによるモデル募集への

取り締まりが強化された結果

飛び火っぽい形で

このような結果になってしまった

といったところでは無いでしょうか。

SNSによるモデル募集は

同人AVモデル側の女性もしてますし

活動している同人AV制作側も

「同人AV監督」的なアカウント名で

横行しています。

SNSでのモデル募集自体が

アウトという訳では無いと思います。

曖昧な表現での募集や

強要に繋がり兼ねない

表現や言動での募集は

今後はとくに厳禁と考えたほうが無難でしょう。

映像送信型性風俗特殊営業無届による風営法違反

無修正タイトルをリリースしている

販売者以上に検討者が多いのではないでしょうか。

これ必要だったらほとんどみんなアウトじゃん!

と思われる人や

何のことかすら分からずに

FC2コンテンツマーケットの販売者として

活動されている方もいる状態では無いかと思います。

ちなみに

こちらの事例は上記の

「職業安定法違反」の事例の延長線上で

突っつかれたケースに近いため

見受けるニュース記事や

事例自体は現時点ではありません。

FC2コンテンツマーケットで

個撮アダルト動画を販売する場合

販売手数料がFC2側に取られます。

購入者に対してもFC2側で決算されるため

販売者側は実質的には

FC2へ販売代行という形で収まる

という認識が大半かと思います。

実際にネットの情報を見受ける限りですと

賛否両論でグレーな感じもしますが。

現状

FC2コンテンツマーケットの販売者の中で

「映像送信型性風俗特殊営業」無届による

風営法違反のみで摘発されたケースは

見受けはしませんが

取り出さされていないだけで

もしかしたら数件ある

という可能性も否定できません。

まさに、グレーです(笑)

事例からみる考察

「映像送信型性風俗特殊営業」と聞くと

ライブチャットサイトの運営や

自身でアダルト動画を配信する

アダルト動画配信サービス

などが代表的であり

FC2コンテンツマーケットのような

プラットフォーム自体が

「映像送信型性風俗特殊営業」の制定に対して

比較的新しい部類に入るため

法定義上「白か黒か」を判別するにも

曖昧な部分があるのでは無いかと考えています。

しかし

届け出を提出しておく事に越した事はありません。

無届より届け出済みのほうが精神衛生上

安心になるのは間違いありません!

わいせつ電磁的記録有償頒布目的保管(盗撮が原因)

名前が長いですが

具体的な事例としては

デリヘル嬢との無修正の盗撮動画を

78本程リリースしていたところを

お店側に発覚しお縄に至った模様です。

ちなみに

収益額は350万程との報道です。

ご覧ください。

参考資料:デリヘルの盗撮動画をネット公開か、会社員の男逮捕
https://web.archive.org/web/20150724080820/http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150720-00000021-jnn-soci

事例からみる考察

やっていた事が事のため

取り締まる側(当局)としても

様々なバリエーションで

お縄を掛ける事が出来た状態だったのかもしれません。

そもそも盗撮行為自体、法的にはダメなのですが…。

78本というのも相当数になりますし

関係者にバレるリスクもある中で

350万稼げてしまっていた事実が

逆に辞められなかった理由なのかもしれません。

そのような動画を売買できる

プラットフォーム自体にも

課題があるのでは無いかと思ってしまいますが…。

とくに購入者側からすればそれも

FC2コンテンツマーケットの魅力なのかもしれません。

 

ここまで紹介して参りました

事例に対しての考察や見解は

全て私(沖田)個人の

考えの元で解説しております。

もし、ご意見や疑問などございましたら

こちらより沖田へ直接、メール下さい。

FC2コンテンツマーケットで逮捕リスクを回避して安心して活動する5つの方法

ここまで過去の逮捕事例と

それらに伴う考察を解説してきました。

裏を返せば

そうならないためにはどうすべきかを

考えれば答えは自ずと出てくるかと思います。

基本的には

ルールは守りましょう

人様に迷惑が掛かることはやめましょう

という心掛けがあれば

大半は大丈夫かと思います。

ここからはFC2コンテンツマーケットで

逮捕リスクを回避して

より安心した状態で

活動するために必要な5つの方法を

具体的にお教えしていきます。

隠さなきゃいけない箇所は隠す

隠さなきゃいけない箇所は

局部だけではありません。

リベンジポルノや肖像権などへの規制が

厳しくなっている昨今は

女性モデルとの条件によっては

顔への隠しも必要となれば必須になってきます。

モザイク濃度は難しいところですが

心配であれば濃いめに入れておくことをおすすめします。

薄くなきゃ売れねーよ!

って場合は自己責任の範囲でチャレンジしてください。

書面による約束

撮影許可や販売に伴う

約束事を記載した書面を

交わしておくことで

お互い安心した状態で撮影に臨めます。

これによっては

リベンジポルト対策だけでなく

後のトラブル含めほとんどを防げます。

18歳未満の出演は厳禁

18歳以上の女性で

制服コスやセーラー服コスであれば

問題ありませんが

ガチの学校制服やジャージで

現役世代を堂々と出演させてしまうのはアウトです(笑)

被写体女性が把握している年齢より

明らかに幼い容姿だったり

「これ…どうみても〇Kだよな…。」

という予感が走った際には

身分証などの年齢が分かる箇所のみの

チェックで構わないと思いますので
(個人情報保護の観点から)

年齢確認はしておいたほうが無難です(笑)

再三になりますが

もっとも厳しく視られるところであり

注意が必要なところになります。

盗撮や隠し撮りは厳禁

盗撮に関しては

販売する以前にしている時点でアウトです。

行為自体に合意を得ていたとしても

その行為を隠し撮りした動画を

FC2コンテンツマーケットで販売するのは

事例でも紹介した通り

リベンジポルノ防止法の対象になります。

ディープフェイクは作れたとしても厳禁

FC2コンテンツマーケットで

ガッツリと売れまくれるような

クオリティの高いディープフェイクを

制作できる技術者自体そう相違ないとは思いますが(笑)

もしかしたら

今後、素人でも手軽にクオリティの高い

ディープフェイク動画を制作できるツールも

出てくるかもしれません。

過去の逮捕事例もあり

今後、取り締まり強化が考えられます。

 

ここまで紹介しました方法以外にも

極力、リスクを回避しながら

個撮アダルト動画の販売業で

安定的に稼ぐ方法を

1時間13分に及ぶ無料動画講座にて

私、沖田が直々にお教えしています。

興味のある方は以下ページより受け取って下さい。

もちろん、無料です!

まとめ

私自身、これまで多くのビジネスに

携わってきましたが

個撮アダルト動画の販売は

ビジネスという観点から考えた場合

素人でも参入しやすく

正しい方法で継続していけば

結果も出やすいビジネスであると実感しています。

しかし

同人AV監督として

個撮アダルト動画の販売をする以上

多少なりともリスクは付き物になります。

取り締まる側のさじ加減一つで

一気に変わります。

極端な表現になりますが

コイツみたいの放置しておくとヤバそうだから

引っ張て、見せしめてこうぜ!

といった感じで目を着けられた場合

この国では基本的な末路は

お伝えするまでもなく決まっています。

社会情勢的に

そのさじ加減がいつ変わるかもわかりません。

不安要素や心配がある事に対して

今はバレずに実践出来ていても

お天道様はみている

悪い(罪悪感のある)ことはいつかバレる

なんて言いますよね(笑)

それも一理ありと思います。

しかし

インターネットという

膨大な情報が過多する世界では

ひいては

数えきれない程の

エロ動画が出回っている世界では

悪いと分かっていても

やり続けてもバレてない

既にそれなりに稼いだから

退いていった

なんて人たちが居るのも

残念ながら、事実です。

故に

正直者が馬鹿を見る

赤信号、みんなで渡れば怖くない

という考えの元で

多少のリスクを抱えた状態で

突き進むという場合は

ここまで解説してきました

本質的な心構えと

さじ加減を心得た上で

最後は自己責任になります。

\ SNSでシェアしよう! /

出会い系のハメ撮り師沖田のブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

出会い系のハメ撮り師沖田のブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • FC2コンテンツマーケットで個人撮影したアダルト動画を売って安定収入を得る方法

  • セフレの作り方を身に付けてローコストでハメ撮る方法

  • 【現役ハメ撮り師直伝】初心者でも超簡単にできるハメ撮りのやり方

  • スペック低め女性のハメ撮り動画を相場以上の額で売る方法

  • 新型コロナで失業「コロナリストラ」から個撮アダルト動画販売事業で逆転人生にする方法

  • ハメ撮りできる素人女性モデルを手っ取り早く探す簡単な方法