1. TOP
  2. コラム
  3. 【現役ハメ撮り師直伝】ハメ撮り動画データ流出対策と徹底した防止策

【現役ハメ撮り師直伝】ハメ撮り動画データ流出対策と徹底した防止策

男性にとってハメ撮りをする目的や理由

とういうのは趣味や

僕のような営利目的であったりと

人それぞれ様々でしょう。

どちらにしても

ハメ撮り動画をデータとして取り扱う場合

インターネットが生活の一部になっている

現代社会において

ハメ撮り動画データの保管方法や

保守管理に関しては徹底する義務があります。

その取扱いがずさんな状態であればあるほど

危険と隣り合わせになるからです。

ハメ撮り動画データの保守管理に関して

以下のような疑問に心当たりありませんか。

  • ハメ撮り動画データを安全に管理する方法を知っておきたい!
  • 役ハメ撮り師「沖田」が実践しているハメ撮り動画流出防止対策を教えて欲しい!

ハメ撮り動画は個人で

楽しむ場合であっても

流出となると大変なことになります。

ハメ撮り動画が流出してしまえば

悪気が無くても

被写体となる女性の人生破滅の危機

に追いやる状態になってしまう

といっても過言ではありません。

災厄な自体を招かないためにも

ハメ撮りをする以上その責任として

流出対策と徹底した防止策を

熟知しておく必要があります。

ちなみに

ハメ撮りブログである

当ブログを管理する

沖田はこれまで500人以上の女性を

ハメ撮りしてきましたが

一度も流出させた事は無いです。

そこで当ページでは

現役ハメ撮り師でもある

僕、沖田が実践している

ハメ撮り動画データ流出対策と

徹底した防止策をお教えします。

ハメ撮り動画データ流出の実態

インターネットが生活の一部と化している今の時代

ネット上で一度でもアップロードされてしまうと

当然ながらその画像や動画は

世界中で閲覧可能となります。

そのため

拡散されてしまった場合は

流出したデータを削除することは

ほぼ不可能となります。

このデータがあなた自身が撮影した

ハメ撮り動画データであった場合

被写体モデルとなる女性にとって

一生背負わなくてはならない傷跡に

なり兼ねません。

これがいわゆる

デジタルタトゥー

と呼ばれているもので

身体に刻むタトゥー同様に

一度刻まれたらなかなか消すことができない

という意味合いで

社会問題にもなっている程です。

そのような事態にならないためにも、

ハメ撮り動画データは被写体となっている女性の

プライバシーでもあるため

ハメ撮り動画を撮影した以上

その動画データの保守管理においての

責任を持つのが義務となります。

しかし

FC2コンテンツマーケットの販売者で

上位陣に名を連ねているハメ撮り師ですら

ハメ撮りデータを安易に

パソコン上に保存して置いたり

SNSにアップしてしまったりして

後々

女性に損害賠償を求められて裁判沙汰になる

といったケースも珍しくはないようです。

このようにハメ撮り動画データの

保守管理を怠ると

女性だけでなくハメ撮り師である

自分自身の人生も台無しにしてしまう可能性があります。

ハメ撮り師として活動の根底が

ハメ撮り動画を撮って売る

ということだけに偏りがちですが

撮影動画の保守管理

というのも重要要素の一つなのです。

ハメ撮り動画データを流出させない5つの対策

自分の意志と関係なく

ハメ撮りのデータが流出してしまう

事態にならないように

対策を知っておくことは大切です。

撮られる側の女性も安心できるような環境を

整えておきましょう。

そこで、ここから

ハメ撮り動画データを流出させない

5つの対策を紹介します。

撮影動画データの管理体制を整える

撮影した動画データの保管場所を

しっかり確認しましょう。

保守管理においての基本です。

たとえば、エクセルや

googleが提供する

スプレッドシートを活用して

どこにどの動画が保管してあるのか

いつ削除したのかなどを

時系列でひと目でわかるように

管理しましょう。

通信機能のある機器への保管は避ける

wifi機能のあるカメラ、スマホなど

通信機能のある危機への保管は危険です。

通信設定がONになっているだけで

意と反してアップしてしまう危険性があるからです。

気付いたときには

もう手遅れで拡散されてしまった…

ということになり兼ねません。

女性に対してデータ流出した際の損害賠償を設ける

うっかりハメ撮りデータを

流出してしまったときの

損害を設けておくことで

女性に対しても安心感を与えることができます。

さらに

自分自身に対しても

戒めとして課すことができるので

データ流出の予防にもつながります。

動画の管理におけるポリシーの設置と開示

プライバシーポリシーとは

動画を含めたデータ情報の取り扱い

保守管理方法に関してを具体的に

外部に示すものです。

ハメ撮り撮影ではとくに

厳重なポリシーを自身で作成し

女性にも開示することで安心感を与えられます。

目的が済んだらデータごと削除する

不用意なデータ流出を防ぐための

最も安全策としては

販売、趣味など目的が達成したら

動画データは手元から削除することです。

いつまでも手元に置いておくことで

もし

保管している記憶媒体が

ウイルス感染した場合

データーが流出する危険性を高めてしまいます。

危険性はゼロとはいえませんが、

最小限に抑えておくことです。

ハメ撮り動画データ流出を予め防止する5つの予防対策

ハメ撮り動画が流出しないためには

二重三重の予防策が必要です。

そのためには

対策方法を身に付けると共に

予防が習慣になるように

しなくてはなりません。

そこで、ここからは

ハメ撮り動画データ流出を予め防止する

5つの予防対策を紹介します。

wifi機能のあるカメラを使わない

最新機器にこだわり過ぎることで陥りやすいです。

wifi機能が搭載され

データをwifiで送れるカメラも

最近は多くなってきています。

機能について分からないまま

フリーwifiスポットなどで

自動的に通信が入る可能性があり

思わぬ情報流出の危険性があります。

ハメ撮りの際には出来るだけ

wifi機能のあるカメラの使用を控えるか

wifi通信をOFFにした状態で使うようにしましょう。

有線のポータルHDDへ保管しておく

データ流出にとってwifi使用はリスクが伴います。

無線ではなく有線のHDDであれば

物理的にポータブルHDDを盗まれない限り

流出の恐れはありません。

データの持ち運びもクラウドを

使うのではなく

HDDへの保管で有線でアナログ的な

保守管理が安全です。

編集の際はインターネット環境が切れてるPCを使う

ハメ撮りの画像や動画を

編集するときには

必ずインターネット環境が

切れているPCを使いましょう。

ネットにつながっていなければ

誤ってアップしてしまう

ということもなくなるので

ハメ撮りデーターの流出の危険性を

防ぐことができます。

とくに長い時間編集作業する場合は

リスクも高まるため

ネット環境をオフラインにしておきましょう。

販売の際にはコピーとアップロード厳禁を明記

ハメ撮りを個人で楽しむだけでなく

販売する場合には

無用な拡散を防止するためにも

コピーとアップロード厳禁を

明記することが大切です。

販売ページや作品の動画そのものに

明記しておきましょう。

期間限定販売を取り入れる

ハメ撮り動画を販売する場合には

期間限定での販売をおすすめします。

できるだけ

期間を短く限定することで流出

拡散のリスクを回避することができます。

ハメ撮り動画出た流出の末路

ハメ撮り動画が万が一流出してしまった場合、

どのようなことが起こるのか知っておくことは大切です。

とくに女性の人生において

支障が出ることを知っておくと

データの管理の重要性がわかると思います。

そこで、ここからは

そのような悲惨な末路を紹介していきます。

ハメ撮り動画保守管理に対しての心構えを

引き締めるきっかけにして下さい。

社会的な問題から就職難

大手の企業への就職

世間に顔が知られる立場にある

アナウンサーやアイドルといった職業など…

過去にキャバクラに勤めていたというだけで

就職内定が取り消される時代です。

ましてや

ハメ撮りモデルということがわかれば

ネットの炎上などがきっかけで

就職しにくくなる可能性が高くなります。

恋人にバレて恋愛恐怖症

タイミング悪く彼氏に

FC2コンテンツマーケットなどを観られて

別れを切り出されたりすることも

無いとは言い切れません…。

そして

そのような経験が

トラウマとなってしまうと

男性との付き合いの際に

動画がまだネット上に

あるのでは無いか

と疑心暗鬼になってしまい

最終的には

恋愛恐怖症になってしまいます。

親にバレて勘当

ネットの情報は

誰が観ているのかわかりません。

ハメ撮りなんて絶対に親が見るわけがない

と思っていても

意外なところでお父さんあたりが

こっそり観ていたりします(笑)

また第三者によって親にチクられ

その結果

親にバレるという可能性も否定できません。

厳しい親であれば勘当される

可能性もあるでしょう。

ネット炎上から何もできなくなり自殺

作品自体がバカ売れした場合

ハメ撮り女性モデルが特定され

ネット炎上になった場合

収拾がつかなくなります。

女性は一般の素人女性ですので

災厄の場合

街を歩けなくなり

精神的に追い詰められて

自ら命を絶つという事態も否定はできません。

まとめ

無線wifiの普及により

常にインターネットに繋がっている環境

というのが身近になりつつあります。

場所によっては

無料でインターネット回線に繋がれる

状況すらあります。

しかし

セキュリティに無頓着な状態で

この便利さに慣れてしまうと

知らず知らずの内に

大事なデータを流出させてしまう

という危険性が高くなります。

一度、ネットにアップロードした

動画や画像を含めた情報は

消去することができない

という

認識と心構えを持つことは重要です。

個人で撮影したハメ撮り動画も例外ではありません。

そこでここまで当ページでは

ハメ撮り動画データを流出させない対策を

以下のようにご紹介してきました。

  • 撮影動画データの管理体制を整える
  • 通信機能のある機器への保管は避ける
  • 女性に対してデータ流出した際の損害賠償を設ける
  • 動画の管理におけるポリシーの設置と開示
  • 目的が済んだらデータごと削除する

また、ハメ撮り動画データ流出を

予め防止する予防対策も

以下のようにご紹介してきました。

  • wifi機能のあるカメラを使わない
  • 有線のポータルHDDへ保管しておく
  • 編集の際はインターネット環境が切れてるPCを使う
  • 販売の際にはコピーとアップロード厳禁を明記
  • 期間限定販売を取り入れる

さらにハメ撮り動画出た流出の末路も

以下のようにご紹介してきました。

  • 社会的な問題から就職難
  • 恋人にバレて恋愛恐怖症
  • 親にバレて勘当
  • ネット炎上から何もできなくなり自殺

個人撮影のハメ撮り動画を

自分で楽しむ趣味の範囲でも

営利目的であっても

データの取り扱いを慎重にしないと

流出の危険性が高まります。

被写体となるハメ撮りモデルの女性の人生

撮影者兼データ管理者のハメ師の人生にも

支障を及ぼす可能性がある

という事を肝に銘じておきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

出会い系のハメ撮り師沖田のブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

出会い系のハメ撮り師沖田のブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【現役ハメ撮り師直伝】初心者でも超簡単にできるハメ撮りのやり方

  • セフレの作り方を身に付けてローコストでハメ撮る方法

  • デブハゲのブサメンでも素人女性を即ハメしてハメ撮りまでするテクニック

  • 割り切りでもコスパ重視で出会い系でハメまくるテクニック

  • スペック低め女性のハメ撮り動画を相場以上の額で売る方法

  • 出会い系の素人女性を「ハメ撮りOK」で交渉成立させるコツ